カラコン寄生虫!ウソ&ホント。

カラコン寄生虫の口コミレビュー

カラコン寄生虫のウソ、ホント

 

 


最初にポチッとお願いします。


コンタクトレンズ ブログランキングへ

 

 

危険性の高いカラコン

 

 

カラーコンタクトは・・・・

 

 

他のコンタクトレンズよりも危険性が高い製品と言われています!

 

 

特に!?激安のカラコンは要注意です!

 

安さに甘んじて、安いからといって安全性の保証が全く無い製品も珍しくありません。

 

 

しっかりとした保証が付いていないサイトや販売店で買うと、目を傷つけたり、最悪の場合失明してしまうことにもなりかねません。

 

 

様々な販売方法を変え私たちの判断を鈍られる業者は、多く存在しています。

 

 

それを判断するのは難しくもあります!

 

 

はっきり、申しまして自店の取り扱っている商品に対して、危険性があると言う店舗は 無いに等しく、

 

 

 

安全な店舗を見分けるための目安を提示するので参考にしてみてください。

 

 

 

 

1、許可証の掲示があるか!

 

@医療機器製造販売承認書

 

A第一種医療機器製造販売業許可証

 

B医療機器製造業許可証

 

 

上記の認可や証書等が掲示されている店舗は比較的安心して購入う出来る店舗と言えます!

 

 

つまり!!

 

国や公的な機関から安全な店舗(またはサイト)だと認められているかどうかが大切です。

 

 

 

しかし、現状では、掲示が無くても優良な店が存在します

 

 

許可証が、あれば安心くらいに考えておれば良いでしょう。

 

 

 

 

2、安全性についての説明がきちんとあるか?

 

 

@注意事項

 

A使用方法

 

B保存方法

 

C着色面が瞳につかない

 

D製造元(生産国)

 

詳細がしっかりと記入してある事!

 

 

外国産のカラコンは昨今口コミでも評判が悪く、やはり怖いイメージがあります。

 

 

そのためその説明努力を販売者側がきちんと説明しているかどうかが意外と大事な指標です。

 

 

それすら怠っている販売業者は少し危険かもしれません。

 

 

3、カラコン販売のオススメの業者は?

 

 

ここでは、高度管理医療機器承認済みの比較的安心な業者を探しましょう。

 

 

 

 

4、要注意と考える危険な業者は?

 

 

 

@ドンキ (質が悪いものが多い)

 

Aイントロジョ社 (非適合製品を過去に販売)

 

BPOPLENS (蟻が混入した事例がある)

 

 

上記のカラコンは安全性の面では避けておいた方が良いでしょう。

 

 

 


私の周りでも外国製の安いカラコンを購入した方がおりました、結果は質の低いカラコンを使用したことで、視力低下につながり、現在は眼科通いをしています。

 

実際に目の前で、起こっている事なので、カラコンに対する安全対策はしっかりおこなうべきでしょう!

 

 

失明は珍しいにしても、視力が下がったりコンタクト自体、付けられないような傷がついてしまったりするということをよく耳にします。

 

 

安いからといって安易に購入せず、よく調べて試用期間を守りながら正しく使いましょう。

 

 

 

 

海外製のカラコンに虫が混入していて手術した画像ですが、本当なのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.ライバルに差を付けるモテコンはコレ!!

 

               ↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 


最初にポチッとお願いします。


コンタクトレンズ ブログランキングへ

 

 

 

カラコン 虫 画像

 

海外製のカラコンに虫が混入していて手術した画像ですが、本当なのか?

 

韓国で購入したカラコンにゾッとする生き物が群れていたと話題

 

海外から安い商品を手に入れて得をすることはありますが、まさかこんな生物が付着しているなんて誰も思いませんよね?
ある韓国企業のカラコンを買ってみたところ、大量の生物がいてとんでもない事件だと
今話題になっています。

 

 

 

しかしコンタクトレンズにこのような生物が好んで集まるとはあまり聞いたことは無い
生物はなんだと思いますか????

 

なんと付着していたのはアリの群れなんです。
生きているのか死んでいるのかわからないくらい大量に。
入口あたりに集中して集まっていることからレンズの液体か何かに、甘い成分がついていて、
それを目的に来たのでは?

 

コンタクトレンズの保存液は誰もが知っている通りコンタクトレンズを消毒するものだから、
通常昆虫がそれを舐めるとは考えにくいと思います。
となると、それは保存液ではなく別の液体である可能性もありそうですよね。

 

 

.ライバルに差を付けるモテコンはコレ!!

 

               ↓↓↓

 

 

中国のカラコンをしていたら
目の中から寄生虫を取り出す手術をする羽目になったとか?

 

いやー気持ち悪いですね
 本当に気持ち悪い

 

 

カラコンの中に卵があったということになっているようだけど
仮に卵が付いていたとして

 

あのケースの中で生き続けるのだろうか?
製造してすぐのものだったのだろうか?
どうやってついたのか?
どんな場所でコンタクトを作っているのか?

 

不衛生にしていたために
目に虫が湧いたとかそんな話なんじゃなかろうか、、、

 

中国のカラコンは安いけれどこうゆうことがあるという事を知っていましたか?

 

バレずに盛れるカラコンはコレ!!
                    
      ↓↓↓

 

 

 


<韓国製カラコン寄生虫のウソ、ホント>

 

 

<中国製カラコン寄生虫のウソ、ホント>

 



ホーム RSS購読 サイトマップ